EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

可愛いトイプードル♡って、どうやって選ぶ?お顔の条件は?

      2017/05/11

「どうせ買うなら、可愛いトイプードル♡が欲しい!」というのは当たり前!でも、我が家でもトイプードルを買うとき、ちょっと考えました。「可愛い顔って・・・どんな顔??どのワンコも可愛いんだけど・・・?」
そんな時、お店の人から教えてもらった「可愛い顔の条件、見分け方」をお伝えします!

トイプードルの可愛い顔の見分け方って?

そりゃ、プロの目からみて「可愛い顔」ってあると思うのです。でも個人的には、「パッと見て、好きかどうか?」ってことですよね、結局のところ。
芸能人でも、そんなに美人じゃないけど可愛いくて人気がある人っていますよね?あれとおんなじ。
 

でも、それじゃあワンコ選びの決め手に欠けますよね?
基本的にはどのワンコも可愛い♡ですから!
 

我が家も同じで、「どのワンコも可愛いんだけど?どうやって選ぶの?!」ってなった時がありました。その時、ブリーダーの方から教えてもらった、「可愛い条件」「可愛いお顔の見分け方」「人気の条件」は、次のようなものでした。
 


・目が大きい

・鼻が小さい

・マズルが短い

・詰まった顔をしている(顔のパーツがひろがってない)

・しっぽが短い(顔じゃないけど)

 

※もちろん、病気や関節の問題がないかどうかのチェックは当たり前として、あくまでも「見た目」のお話です。

プードルは、大きさでも値段が変わる

トイプードルは、プードルという犬種の、「トイ」サイズです。
大きさによって、値段も変わってきます。

やはり人気は、トイサイズ~ティーカップサイズ。
プードルは、小さい方が人気があり、値段も高くなる傾向があります。

スタンダードプードル (16~20kg)
ミディアムプードル  (8~15kg)
ミニチュアプードル  (5~8kg)
トイプードル     (3~4kg前後)
タイニープードル   (2~3kg)
ティーカッププードル (~2kg)
 

ティーカッププードルは大変な人気だそうで、私が行ったどの店にも、いませんでした。
すぐに売れてしまうんだそうです。そもそも、なかなか入手できないってことですね。
 

ティーカップ、といっても本当にカップに入るわけじゃないんですが、ずっと子犬のサイズ・・・って感じとのこと。お顔も小さめです。
 

ただ、ブリーダーさんは、「ティーカップは小さいだけに、病気やケガに強くないんですよ」と言ってました。値段的にも、50万円前後という高値!(うちには手が出ません!!)
 

結局、うちが選んだのは、タイニー~トイサイズ。
ブラックのプードルちゃんです。
 

ブリーダーさんに教わった条件で顔を選び、当時6か月だった子に決めました。
共働きだったので、あまり手のかかりすぎる子犬ちゃんは避けたのです。
子犬ちゃんは可愛いですけどね~・・・。
 

あとは、6か月ならほとんど成犬サイズに近くなっているので、それから極端に大きくなることはない、という安心感からでした。あまり大きすぎるとな、という気持ちからでした。
 

家に来たときは2.6キロ。現在3キロくらいです。
小さすぎず、そこそこ小さいくらい。
小さすぎるとケガや病気が心配なので、これぐらいがちょうどいいサイズだと思っています。
 

お散歩していても、「子犬ちゃん?」と聞かれることもあります。もはや成犬ですけどね。
 

 




 

トイプードルって、色によって性格が違う?

トイプードルは、その毛の色によって、ちょっとずつ性格に特徴があると言われています。
 

・白
昔から、プードルと言えば白。頭がよく、比較的落ち着いた性格です。しつけもしやすいと言われています。 協調性のあるワンコが多いようです。
 

・黒
プードルの中でも一番賢いと言われるのが、黒。しつけが入りやすく、上下関係の理解も良好で、飼い主さんとの関係づくりやコミュニケーションもスムーズ。ちょっと人見知りするワンコが多いとか・・・。
 

・レッド
超人気のある色。「トイプードル」の代表的なカラーになりつつあります。写真集でもよくみる色。人懐っこくて活発な印象の子が多いようです。
 

・アプリコット
まだ性格的に固定されていないと言われていますが、比較的やんちゃな性格です。
 

・ブラウン
ツンデレタイプなのでしょうか、独立心が強いのに甘えん坊なところが可愛いのだとか。また、マイペース面もあるようです。
 

・シルバー

性格的にまだ安定していないようです。さまざまな性格の子がいて、色だけで判断がしにくいのがシルバー。ただ、飼い主との関係づくりはしっかりできます。
 

これだけたくさんのカラーがあることが、それだけプードルが愛されているという証。
さぁ、どのカラーの子がお好みでしょうか?

 
 

 - 犬のこと