EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

我が家のトイプードルの留守番の様子をチェック!一人で何をしているのか?

   

我が家のトイプードル。共働きで、日中はお留守番です。スカイプで、ワンコがいったいどんな風に留守番をしているのか、こっそりチェックしてみました。

平日は夕方まで留守番です!

我が家は共働き。子供も朝から当然学校に行くため、平日は朝8時ごろから夕方子供が帰ってくるまで、ワンコはお留守番です。働く主婦としては、喉から手が出るほど欲しい、「平日、たった一人の静かな時間」を、毎日満喫できているワンコ。羨ましい話です。
 

でも、やっぱり我が家のワンコだって、お留守番はあまり好きではありません。
家族が帰ってきたら、鍵を開ける前から喜んで吠えまくります(このしつけはまだ取り掛かっていません・・・)。
 

しかし我が家で生活していくためには、どうしてもワンコは一人でお留守番しなくてはなりません。
 

飼い始めた当初は、それなりに寂しそうにしていましたが、ずいぶんとなれてきたようです。それでも、夏休みやGWなどの長期休みで家族が一日そろっている期間がながくあったりすると、連休明けの翌日なんかは、また寂しそうにしていますが。
 

ワンコの留守番の様子は

スカイプとWEBカメラを使って、仕事の昼休みにワンコがどのように過ごしているのかをこっそりのぞいてみました。
 

いつ見ても・・・。
 
 

寝てます。
 

寝てます。
 

寝てます。
 

こんなに寝るもんなんだー、犬。って思うほど、ずっと寝ています。
 

少し安心しました。やはり、ずっとゲージの中をうろうろしていたり、吠えまくっていたりしていたら可哀想だな、と思っていたからです。
 
動画載せようかと思ったけれど、辞めました。だって、ずっと動かないから(笑)。

家族が出かける順番によって、ワンコも態度を変える?

大体、我が家では、
 

ママ⇒子供⇒パパ
 

の順番で「行ってきます」と家を出ていきます。
 

この順番であれば、ワンコは動揺しません。というか、パパが最後であれば、動揺しないようです。
 

でも、パパが早く出勤し、ママが最後に出勤する、となると
 

「ちょっとまってよ!いつもと違うじゃない!今日はちゃんと帰ってこないんじゃないの?!」とでも言うように(勝手な想像です)、情けない声で鳴きます。
 

なんなんでしょうね、これ。
 

旦那いわく、「最後が俺だったら、どうせ吠えても無駄。って思ってるんじゃないか」と言っていますが、その真偽のほどは定かではありません。
何にせよ、いつも通りであれば「ちゃんと帰ってくる」とわかって、静かに待ってくれているようです。
 

こんな症状があったら注意!

余りにも飼い主にべったりで、ワンコに自立心が育っていない場合、「分離不安症」という不安障害がみられることがあります。もちろん、ワンコの性格にもよりますが、基本的にワンコが飼い主に依存しすぎている場合に見られる症状です。
 

では、この分離不安症。
一体どんな症状がみられるのでしょうか。
 

・震える
・そそうする
・ひたすら吠え続ける
・身体の一部をなめて、傷になってしまう
・ものを壊す
 

こういった症状が出ている場合、しつけをやり直す必要があります。依存しあう関係ではなく、あくまでもはっきりとした主従関係を作り上げていくことを考えます。また、ワンコが「安心できる場所(ハウス)」を作り、ハウス内で過ごす時間を確保する習慣をつけることも大切です。
 

あまりに重度な分離不安症の場合は、獣医師に相談することをお勧めします。
 

大切だからこそ、こころ穏やかに過ごしてほしい。
お留守番のないときは、思いっきり遊んであげたいと思います。

 

 - 犬のこと