EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

おむつをはいた犬。寝る前には、おむつをはくのです!

      2016/08/14

我が家の愛犬、トイプー。寝る前にはおむつをはきます。というか、はかせてるんですが。
 

なかなかトイレを教えることができず、あちこちで失敗をしてくれる彼女のために、とうとう紙おむつを買いました! 
 

まだ1歳半なのに、選んだおむつは「高齢犬用」おむつ。初めてはかせたときは、本人も気になって仕方がないらしく、ぐるぐる回って噛んで外そうとしたり、うまくお座りができなかったり。
 

なかなかお気に召してもらえなかったのですが、あることでおむつが大好き!犬になったのです。
 

飼い出した当初は、一階のリビングのゲージで一人で寝ていたワンコ。
最初はクンクン泣いていましたが、1週間もすると慣れたのか、人間が2階に上がってもクンクン言わなくなりました。
 

が・・・。早朝6時前にクンクン、キャンキャン、ワンワンと呼ぶようになりました。
 

正直、これはきつかったです。
 

「鳴いても放っておきましょう」としつけ本には書いてありますが、ご近所のこともあるし、こっちもせめて6時半までは寝たいし・・・。
 

で、悩んだ末にでた作戦が、「夜、寝室に小さな犬用のゲージを作って、そこに寝かせたら?」ということでした。一緒にいたら、少なくともクンクン呼ぶことはないだろう、泣いてもそばにいれば、一応抑制はできる。
 

でも、もしそのゲージ内でおしっこされたら・・・?ということで、おむつをはかせてみたのです。
 

そうしたら、寝る前、クンクン言わない!(これは前から言わなくなってきましたが)
朝も、こちらが起きるまで静かに寝ている!(安心するようです)
トイレ失敗もなし!と大成功でした!
 

(ちなみに、寝室用のゲージは100円のワイヤーラックを組み合わせて製作。押したらすぐに倒れるのですが、どうやらそれはしてはいけないと解っているようです・・・)
 

で、それからというもの、我々が歯磨きをすると、「あ、寝るんだな」とわかるようで、自らトイレで排泄を済ませ、そのあとにおむつをもってくると、「一緒に寝室にいける!」と喜んでおむつをはき(はかされるんですが)、
 

寝室のベッドに行ったらあっという間に寝てくれるようになりました。めっちゃ楽になりました・・・。
 

犬のしつけって、案外こんなものかもしれません。
 

悩んでいたり困っていたことでも、案外簡単な解決方法があって、ただそれを見つけられるかどうか、にかかっている・・・なんてことが、多々あるのではないかと思うのです。
 

なので、実際に解決できた事案をここでシェアしていきたいと思っています!
 

また何かあれば、アップしていきたいと思います。
 

 - ワンコのお世話, 犬のこと