EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

愛犬の床を施工、その②!家族の評判も上々。もっと早くすればよかった!

      2016/08/14

「愛犬の床」施工後、家族からの評判は上々です。金額分のパフォーマンスはあると思います。フローリングお手入れは劇的に楽になりましたし、これまでは失敗したタイルカーペットのお洗濯に追われていたのに、お洗濯から解放されました!!「もっと早くすれば良かったね~」と話しています。

ちなみに、私は「愛犬の床」さんからの回し者ではありません(笑)。ですので、思ったことを素直に書いてみようと思います♪

掃除用具はいたってシンプルでOKになった

UVフロアコーティングを施した床になったことで、まず劇的に楽になったのが、ワンコのトイレの失敗。
 

これまでは、タイルカーペットに失敗してしまうと、その部分を外してお風呂でさっと流しておき、その後で洗剤でしっかりと洗っていました。
 

「トイレの失敗の匂いがのこっていると、また次回もそこで失敗する」って言いますよね?
まあトイレの失敗をしていた子犬時代だったので、そこは結構頑張って洗っていました。
 

でも、タイルカーペットが、汚れの目立たないグレーにしたのがあだとなったのか・・・
 

トイレの失敗に気が付かない!

ということもあったのです。(ゲージから出していたのが悪かったんですが・・・)
 

我が家は共働きで、どうしてもなかなかワンコに目が行き届かない瞬間があるのですが、たいていそんな時、事件は起こります。
 

「あれ?なんでここ濡れてるの・・・?」
 

と何やら足の裏に嫌~な水っ気を感じ、タイルカーペットを剥がしてみると・・・
 

すでに、フローリング表面まで浸透したワンコのおしっこが・・・Σ(゚Д゚)
 

こうなると、料理も掃除もなにもかもそっちのけで、お風呂場へカーペットをもっていき、水で流し、滑り止めシートをとってフローリングを拭き、・・・
 

と、忙しい時には本当にストレスだったのです。
 

それが、愛犬の床を施工したあとは、一切のタイルカーペットは必要がなくなったので撤去。
 
おしっこの失敗を見つけても、トイレットペーパーでさっとふき取って、キッチン用のアルコールスプレーを吹き付け、マイクロクロス(100均でも手に入る)でさっと拭く。

これだけでOKになったのです。
 

費用も時間もほとんどかからず、ストレスもかなり減りました。
 

「もうー!この忙しいときに!!」って思っていたのが、
「ま、拭くだけだから」とイライラしないようになりました。
 

 
でも、普通の汚れくらいだったら、アルコールがなくてもOKなんです。
固く絞った水拭きで、たいていの汚れは落ちるのです。
それか、薄め(50倍程度)の台所用洗剤でも大丈夫。
 

焼き肉をした後、結構フローリングにも油が回りますよね?
以前は、焼き肉の2日後くらいまでは床がつるつるするな・・・と思っていましたが、これも「愛犬の床」施工後は、アルコールでさっと拭けば油汚れが落ちるようになったので、ワンコの問題以外にも大いに役立ってます。
 

人間の足の裏にも、油汚れはありますが、これもアルコールをシュッとして、拭くだけでいいです。
 

お金のかかるモップ類は、逆にいらない

クイックルワイパーやモップの中には、「汚れを落とす」という触れ込みで吸着剤が塗られているものもあり、これは化学成分をフローリングの床に塗りつけることになります。この吸着剤、膜を作ってフローリングが白く濁って見えたりすることもあるんです。だから、施工後はこういったものは使っていません。
 

施工後は、これまで通り掃除機です。気になったところや、ワンコの失敗の時はアルコールスプレーか、水拭きをするくらい・・・かな。
 

こちらが、「愛犬の床」施工前。↓↓


 

 
ちなみに、これが「愛犬の床」施工直後の写真です。↓↓

施工後、結構ピカピカになります。
照明や洗濯物が反射するくらいです。
 

「お客さんによっては、ピカピカ過ぎて・・・っていう方もありますよ」と言われました。確かにピッカピカです(笑)。でも、だからイヤだな、とは思いませんでした。
 

フローリングの色にもよると思いますし、好みもあると思います。
 

UVコートを維持するために気を付けることは?

掃除機は、優しくかけた方がいいです。掃除機のヘッドが床に傷をつけたりすることがあるからです。
 

どうしても、フローリングコートにとって「細かい砂」や「引きずり」は傷の原因になります。砂をつけた家具を引きずるとか(あまりないことですが)、そういったことをすると細かい傷がつきます。
 

傷が深いと、当然コーティングが部分的にはがれ、元のフローリングが現れます。そこにたまたまワンコがおしっこして長い時間放置してしまうと、シミができることも。ですので、「砂」「家具のひきずり」には注意が必要です。


 

また、「コロコロ」と言われる粘着テープの掃除用具を、直接フローリングにしてはいけません。コートがはがれたり、粘着剤がのこってしまうこともあるようです。
 

ま、あまりないと思いますが・・・。

まとめ。ワンコだけでなく、人間にとっても良かった!

ワンコが滑りにくくなったのはもちろんのこと、思いがけなかった効果が、人間にもありました。
 

最初にも述べましたが、
 

・年末のフローリング塗り替えがなくなった
 (結構汚れていたので、毎年大変でした。これをしなくてよいだけでも価値あり)

・料理の油汚れが簡単に落とせるようになった
 (以前のフローリングは、ワックスがけをちゃんとしていないと油汚れがしみ込んでしまっていた。実際、ところどころ黒くなっていました。でも、その汚れもちゃんと落としてからコートしてくれます!)

・見た目が綺麗
 (ピカピカです。ただ、好みもあると思いますが)
 

「ワンコの為に」と思って施工した「愛犬の床」。
 

共働きの私としては、思いがけないおまけでした。
もっと早くすれば、タイルカーペット買わなくて済んだのに・・・。(笑)
 

ワンコの走りが変わった!「愛犬の床」の効果を実感できる記事もあるので、見ていってくださいね。

 

 

 - 犬のこと