EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

中学受験:夏期講習終了。さぁ、その成果が模試で試されます!

   

6年生の夏休み、夏期講習が終わりました。後は、模試を残すのみ。中学受験をする娘は、8月に入ってから加速度的に勉強し、それなりに課題をこなしていました。受験勉強って、とってもつらいもの。友達が、家族が遊んでいても、若干12歳の子供はひたすら勉強、なのですから。

中学受験への夏休みを振り返って

中学受験をする娘。本当によく頑張ったと思います。特に8月に入ってからの頑張りは、本人も一回り成長できるほどの頑張りでした。
 

私自身は、なんとなく子供の頑張りを素直に認めにくいときがあるのです。素直に「よく頑張ったね」っていえばいいのに、なんとなく「みんなもそれくらいやってるよ~」とか言いたくなってしまうことも。意地悪ですね。
 

そんな私でも、この夏の娘の頑張りは本当にほめてやりました。その位、頑張っていたのです。
 

自分が決めた課題に取り組み、こつこつとこなしていました。
それも、全教科。
以前は、一日に一教科しか手が回らないこともあったのですが、徐々に時間を配分して4教科すべてに目を通すことができるようになったのは、かなり大きかったと思います。
 

毎日、少しずつ、コツコツと。
それを文字通り実践できた夏でした。
 

夏の終わり。疲労がピークに

そんな娘ですが、やはり疲労がたまっているようです。
最近は特に肩こり・頭痛の訴えがあって、肩もカッチコチ。
毎日重たい教科書をもって通塾していたのですから、当たり前でしょう。本当に重いのです。
 

この夏は、図形対策に力を入れました。
それから、苦手な算数の文章問題。
 

一生懸命頑張ったのはいいのですが、その疲労が蓄積。
夏休みの総括テストにむけての気合が入らず、グダグダ・・・としていたところで、今日、
久しぶりに喝を入れました。
 

可哀想だな、と思うのですが。
 

でも、中学受験は結果がすべて。ここまで頑張ってきた娘に、何とか合格をつかんでほしい気持ちだけは、他のだれにも負けません。
 

「嫌でもなんでも、受験までの時間は限られている。すべきことをしなさい。」
「本当は辞めたいって思っているなら、それはそれで構わない。自分で考えなさい」
 

これ、言っちゃいけないんですよ。本当は。
「辞めたら?」って言っちゃいけない。
 

少なくともうちの娘は、「辞めたい」とは思っていません。それはよーーーくわかっています。でも、ときどきさぼりたくなる。だから、疲労がピークの今、一時的にさぼっているだけ。それもよーくわかっています。
 

でも、こっちだって本気なんですよね。
塾代を捻出するために努力している姿を敢えて見せています。下の妹のお稽古を減らしたり、買い物に行っても「とにかく安いもの」を探します。
 

お金は大事。その大事なお金を、塾につぎ込んでいる。こっちも本気で合格させてやりたいと思っているということを知ってほしいから、塾に払っているお金が高額であることを隠し通そうとは思っていません。
 

うちの場合、そんなに裕福でもありませんから、姉の中学受験は金銭的な意味では妹の人生に犠牲を強いている可能性がある、ということも、いつかなんとなくでいいから気が付いてほしいと思っています。だからこそ、無駄にしないで頑張ってほしい。
 

あと数日。疲労が蓄積しているけれど、テストが終わるまでの「ラストスパート」の体験をしてみてほしいと思います。
これから先はもっともっと、ハードになっていくはずですから・・・。

 

頑張れ、娘。

 

 - 中学受験