EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

受験生はつらいよ

      2016/08/14

待ちに待ったゴールデンウィーク!

どこへ遊びに行こうかな?同窓会で懐かしい友達とゆっくり会える!普段できないようなことをしたい!たまった録画を見たい!BBQをして、お腹いっぱい食べたい!と、私の周りはわくわくモードです。
 

うちは・・・・?人混み嫌い+受験生を抱えている我が家は、特に出かける用事もありません。上の子は、今年6年生、中学受験を希望しています。子供の性格や今後の受験事情を考えて、親の方から「受験してみない?」とすすめ、通塾を始めたのが3年生のとき。思えば子供にしてもずいぶん長いこと、頑張っているわけです。11歳という人生の、実に30%の年数を通塾しているのですから・・・。すごい。
 

教育方針や設備の整った中学校を見学し、本人も「いいな」と思った学校があったので、「志望校」とする学校もできました。そして、今年のゴールデンウィークは、夏休み前の大事な時期。溜まりたまった宿題をこなす(失笑)ためにも、前半缶詰め状態で勉強し、後半は遊ぼう、と計画を立てました。

うちの子の性格を知り尽くしている親としては、「前半遊んだら、後半も遊ぶ」という確信があるからです。残念ですが。
 

親の希望としては、休みの日も自分で起きて自分で勉強を始め、午前の課題が済んだらご飯を食べて遊び、また夕方から勉強を始め、午後の課題が済んだら夕食、お風呂やなんかを済ませ、寝る・・・。しかし、塾の先生に言わせると、
 

「そんな子供は存在しません」
 

やはり、そうですよね、先生・・・。
 

いや、正確に言いますと、存在するようです、そういうお子様。

とても精神的に大人で、現実的で、そして明確に受験のメリットを理解し、自らの強い意志で難関中学校を目指している場合。らしいです。

しかし、そういった子供は当然一握りで、他の大多数の子供は「何とかして遊ぼうとします」とのこと(笑)。
 

「それが自然な子供像なのかもしれませんね、だから、そこは子供をうまく操って下さい。」
 

はい、先生。
塾の先生はあくまでも商売ですから、先生の言うことを100%聞いてばかりでもいけないのかもしれません。先生の言うことを自分でもよくかみ砕いてみて、自分の子供に当てはめても本当に良い、と思えることを見極めていかなくてはいけない、というスタンスで、私は考えています。
 

何はともあれ、精神的に大人でなく、あまり受験のメリットを理解しておらず、何とかして遊ぼうとするうちの子。やはり、勉強机までの誘導が必要です。
 

「何時から宿題する?」
 

「今日はどこまでやろうか?」
 

「これが済んだら、ちょっとおやつにしようね」
 

「しっかり勉強が済んだら、後半遊びに行こうね」
 

なので今は、自室で缶詰め。
 

受験生はつらいよ。
 

つらいけど、頑張ってほしいものです。

 

 

 - 中学受験