EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

エスカレーター式の私立中学受験。進学後は本当に「安泰」ですか?

   

エスカレーター式の私立中学校。中学受験の志望校としても、とても人気があります。中学に進学が決まれば、「よほどのことがなければ」そのまま高校、大学へと進学できるからです。でもこのエスカレーター式、過信してはいけません。「途中下車」だって有り得るのです。

エスカレーター式に進学できず、学校を訴えた例

平成28年3月7日。
ある学校法人を相手に、付属小学校6年生の息子が、自分が通う小学校の系列中学に進学できなかったとして、両親が小学校を訴えた事件の判決が、東京地裁から言い渡されました。
 

付属小学校の6年生だったこの生徒は、系列の付属中学校への進学試験を受けましたが、結果は不合格。
その後に行われた一般入試も受験しましたが、やはり結果は不合格となってしまったというものです。
 

生徒の両親からしてみれば、
「適切な受験指導をしていれば、他の中学を受けることだってできたはず。」と学校に対して損害賠償を請求しました。
 

結論から言えば、両親の訴えは棄却されました。
あくまでも、どの中学に行くのかはその生徒と両親が決定することだから、というのが理由でした。
 

要するに、中学校は義務教育ですから、いくら系列中学に進学したいからといっても、そのために学校側が義務として行わなければならないことはない・・・ということです。
 

高いお金を払って、エスカレーター式の学校を選んた両親の気持ちやいかに。
親御さんの気持ちを考えると、同じ親として残念な気持ちになってしまいます。
せめて、「このままでは、系列の中学校に進学できませんよ?」というくらいのアドバイスすらももらえなかったのでしょうか。
 

エスカレーター式の学校こそ、しっかり「勉強を教えてほしい」


少子化の今、各学校とも「教育の充実」「きめ細かい指導」「一人ひとりに対応します」といったキャッチフレーズで、生徒集めに必死です。こういったご時世の中で、「成績悪かったら、エスカレーターから予告なく降りてもらうよ?」というやり方は、ちょっと乱暴すぎやしないでしょうか。そもそも、学校はしっかりと勉強を教えてくれるところであるはず。
 

大学が併設されていない学校に行った生徒は、放っておいてもそれなりに勉強しますよね。
エスカレーター式の学校こそ、先生方が積極的にかかわり、しっかりと「勉強」を教えてほしいと思いませんか?
 

そして「学校側には受験指導の義務はない」との裁判所の判断は間違いとは言えないのでしょうが、せめて「他の中学受けた方がいいよ」的なアドバイスくらいはしてもらってもよかったのでは?と思ってしまいます。
 

知人の娘さんが通っている小学校では、6年生になるときに、系列の中学校に進学できそうか、それとも外部受験をすすめた方がいいか、といったことを保護者との面談で話をするのだそうですが、その考え方の方が極めて常識的かと思うのですが。
 

そうすると、「エスカレーター途中下車」を言い渡された生徒は、それなりに一生懸命勉強するのだそうです。
今から公立中学校へ進学することは望まないことが多く、どうしても「中学受験」をしなくてはならないからです。
 

もともとそれなりにお勉強ができる子が多い学校であれば、1年も勉強すればそれなりに希望する中学校へ合格されるようですが、その「途中下車宣告」がなかったり、あっても時期的にぎりぎりだったりしたら、どうでしょうか。
 

子供一人の人生に大きく関わる問題であると考えることもできると思うのですが・・・。
教師として、教育者という職域にあるものならば、学力不足は自分たちにも責任の一環がある、と考えてもらえないのでしょうか。
 

自分たちの学校を選んでくれた生徒と保護者に対して、学習内容の理解状況を随時家庭にアナウンスし、伸び悩んでいる子を放置しない。
義務教育なんだから受験指導はしないはといっても、それってあまりにも現実離れしているような気がするのですが。
 

別に、「生徒はお客様、ほら、子供のやる気を出させてみなさいよ」と言っているわけではありません。
当然、保護者も系列中学に行けない頬成績が悪かった、ということを認識しておく必要はあったと思います。
子供の成績に対して、もうすこし敏感になっていれば・・・と思ったりします。

 
 
そろそろ受験校を絞り込んでいく時期。
私立中学には中高一貫の学校が多いですし、大学までエスカレーターで上がれる学校もとっても多い。

 

受験校選びにも、ナーバスにならざるを得ませんねぇ。

 

 

 

 - 中学受験