EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

「汗をかいたら痩せる」というのは勘違い!?逆に太りやすくなる!

      2016/08/01

毎日暑い日々です。「今日はたくさん汗をかいたから、ちょっとは痩せるかな?」って思っちゃうもの。でも、それは勘違いというから驚きです!それどころか、汗をかいたからといって痩せる効果はほとんどなっていうから、ちょっとショッキング!

汗をかいても痩せない?それだけじゃなくて、太っちゃうの?

夏!
日差しがきつく、容赦なく照り付ける太陽!
どこにいても、何をしても汗がダラダラ・・・。
 

でも、「たくさん汗をかいたし、ちょっとは痩せるかな?」なんて、思わず期待してしまうこともなくはないですよね?

私も、そうおもっていました。
 

ところが、よくよく調べてみると、汗をかくこと=ダイエットになる!というのは勘違いだということが分かったのです!
 

そもそも、汗をかくのは、体温調節のため。
汗をかくことで、その汗が蒸発するときに、身体の熱を奪ってくれるからなんですね。
単純に、体を冷やそうとしている反応なのです。
 

さらに、汗をかいたからと言って痩せない!ということだけでなく、実は、
 

汗をかくことで、余計に太ってしまう!
 

という話もあるので、またまた驚きでした。
 

汗をかくと、体内で何がおこるのか

大量に汗をかくことで、身体にどんなことが起きているのでしょうか?

ヒトは、大量の汗をかくとき、水分だけでなくビタミンやミネラルも一緒に排出してしまいます。熱中症対策として、「水分補給だけではだめですよ!」とよく言われるのは、このためです。
 

このビタミンやミネラル、身体の中でどんな働きをしているのでしょうか?

ビタミンやミネラルは、身体内で酵素や補酵素として働いています。この酵素や補酵素が、脂肪の燃焼を進める際に不可欠なのです。

つまり、発汗によってビタミン・ミネラルが欠乏してくると、脂肪燃焼サイクルに滞りがでてくるというのです。
 

水分補給の際は、水分だけでなく、ビタミンやミネラルを補給することや、普段の食事のなかでもバランスよく摂取することが必要、とよく言われるわけが、分かりました。
 

不規則な生活でバランスの取れた食事が難しい・・・というときでも、サプリメントを補給するのも手だと思います。

結局代謝をあげることが、ダイエットにつながる

気温が高くなっているこの時期、冬と違ってエネルギーを燃焼させてまで体温を保つ必要は少なくなります。
 

なので、この時期の基礎代謝はやや下降気味。
 

基礎代謝をあげるための食事としては、

・3食しっかり食べる

・タンパク質は削らない

・野菜、海藻類をたくさん摂る

・お酒は控えめに

といったことが言われています。
また、筋肉をしっかり使うことで基礎代謝があがることは、もはや周知の事実。
定期的な運動はとっても効果的です。

まとめ

どうでしょうか。

汗をかくことがダイエットにつながる・・・なんて誤解だったとよくわかっていただけだたでしょうか。
 

結局のところ、ダイエットには「定期的な運動、バランスの取れた食事、規則正しい生活」に勝る王道はないのかもしれませんね!

 - 家事・生活