EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

親切?それとも犯罪?「オムツ交換したら逮捕」のニュースに思うこと

      2016/08/14

4歳の女児のオムツ替えてやったら、逮捕。というニュースがありました。自分の経験から、思うところを書いてみます。

まず、親を探すべきだったのでは

 公園にいた、4歳の女児。『トイレ』とコンビニを指差したため、近くにいた無職の男性(38)が120m先のコンビニに連れて行き、オムツを購入し、トイレでオムツを取り替えてあげた、とのことでした。
 

子供達が帰宅後、オムツがいつもと違うことを不審に思った母親が、公園にいた男性にたずねたところ、オムツを替えてあげたことが判明し、結果、警視庁に未成年者誘拐の疑いで男性が逮捕されたのです。

これだけ見ると、「えー、親切心なのに、どうして?」
 

と言いたくもなりますが・・・。
 

昨今、いろんな事件がおきていることを考えると、李下に冠を正さず、と言いますか、怪しいことはしない方がいい、という風潮がありますよね。
 

しかも、相手は小さな女の子。
こちらは中年男性。
さらに、着替え、という行為。
 

ちょっといい組み合わせではありません。
その辺のことくらいは、いい大人であれば気が付くと思うのです。
生命の危機とかいう状況ではないのですから、まずは親を探すのが筋。
 

そのことに気が付かないならそれはそれで問題だし、あるいは「親切」を免罪符としてしまう危険性もはらんでいると思うのです。
 

引っかかるキーワード

子供をもつ母親として、いくつか引っかかるキーワードがあります。
 

「120m先のコンビニに連れていった」
「無職の男性」
「オムツを買った」
「母親から聞きにいった」
 

このあたりでしょうか。

・120mが近いか遠いかは賛否両論あるでしょうけれど、公園から離れるという行為が問題です。しかもコンビニのトイレは、他人が入れない「超プライベート」スペース。公園のトイレならまだしも、わざわざコンビニに行く・・・?
 

・無職の男性。「無職」ということをとりたてて指摘するのはあまりよくない、とも思うのですが、「どこの誰」とわからない、または社会的制裁を受けにくい人であると考えると、やはり母親としては不安になるのではないでしょうか。
 

・オムツを買った、ということですが、ふつうそこまでする?と思ってしまいます。わざわざお金を払ってまで・・・?と、余計に心配になってしまうのが母親だと思います。
 

・それに、仮にその一連のことがあったとしても、男性がみずから説明していれば、母親も納得したのかもしれないな、と思います。
「あれ?」「どうして誰も何も言わないの?」と思ったのではないでしょうか。

親切心が却って恐怖を生むこともある

ニュースをみると、逮捕された男性は公園の近くに住んでいるとのこと。
 

ご近所さんとなると、子供を守るためとはいえ、つい躊躇してしまうようなこともあります。
 

我が家の子供が1年生のときのことです。
ご近所に住む、「ちょっと変わっている・・・かな?あの人」といった印象の人がいたのですが、その人が公園で遊ぶうちの子供に話しかけてきたというのです。
 


 

「お母さんは何の仕事しているの?」
「どこに務めているの?」
「どうやって通勤しているの?」
「何時くらいに帰ってくるの?」
「前はどこに住んでいたの?」
「ご両親は何歳?」
 

など、根ほり葉ほり、うちのことを聴いていったというのです。
 

最後に、「これ、おじさんの家の電話番号だから、何か困ったことがあったら連絡しておいで」と電話番号を渡されたそうです。
 

子供もまだ訳が分からず、全部しゃべってしまったようで、後日その男性に呼び止められた私はびっくりしました。
 

私がどこで何をしているか、どんな仕事をしているか、いつ帰ってくるのか、など全部知っていたのですから・・・。


 

子供に聞いて初めて、その男性が根掘り葉掘りきいてきたことを知ったのですが、その後子供には「知っている人にでも、全部しゃべっていいってもんじゃないんだよ」と教えました。
 

こちらが相手のことを何も知らないのに、一方的に知られていることが、恐ろしく感じました。
 

「お子さんに何かあったら、いつでも電話してきてね」、と親切心で言ってくれたとは思うのですが、なぜか「絶対に電話しない・・・」と思ってしまったのです。
 

警戒しすぎなのでしょうか。
ですが、自分では「子供を守るための母としての直感」だと思っています。
親切心に対してお礼は伝えますが、それ以上はありません。
 


 
ですので、今回のニュースを聞いて、このお母さんにも「母としての直感」があったんじゃないかな、と思いました。ネット上ではいろいろな意見があるでしょうけれど、結局子供を守れるのは、親だけなのだと思っています。
 

 

 

 

 

 - ニュース&トレンド