EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

大阪では「お好み焼きはおかず」なのか?!という議論に終止符を打つ!

   

先日、大阪人の4人に1人が毎日「主食の重ね食べ」をしている、というニュースがありましたが、果たしてお好み焼きはおかずなのでしょうか?ずっと議論されてきている(?)この問いに対して、関西人が答えます!

ズバリ「お好み焼きはおかずである」

私の長年の友人である関西人、いや自称「大阪人」Tさん。
彼は、こう言い切りました。
 

「お好み焼きは、おかずだ!」
 

「会社の食堂で、お好み焼きがあれば、選んで食べるなぁ。そんで、ご飯と一緒に食べる。」
 

ちなみに、このTさんは、大阪の南の方で生まれ育った、生粋の大阪人。
お家でも料理が上手な奥さんがいながら、「粉もん担当」は自分だとプライドをもって言い切っています。
 

でも、どちらかというと、ご飯より焼きそばと合わせて食べるほうが好きだというTさん。
その理由は、「ご飯を炊かなくていいから」
 

ん?
 

ご飯を炊かなくていいから、って・・・
結局は「お好み焼きはおかずじゃない」っていうこと??
 

それでも、「お好み焼きはおかずだ」と言います。
 

お好み焼きの日に焼きそばを食べることが多いわけは、
お好み焼きだけで他には何もしなくていいように、
つまりはお母さんが楽できるように、
鉄板だけですむ焼きそばを足すことがほとんどだったといいます。
 

でも、お店で注文したり、食堂で食べるときは「ご飯も食べる」から、おかずなんですって。
 

この話を聞いてみて、思ったのは
 

「お好み焼きはおかずにも、主食にもなる素晴らしくフレキシブルな食べ物である」
 

ということ。これを結論として、この長く続いた議論に終止符を打ちたいものです。
(大げさ?)
 

感覚的にはラーメンに近いな、と感じました。
ラーメンライスなら、きっと全国的に浸透している食文化ですよね。
 

ラーメンとご飯も食べれるし。
ラーメンだけも食べれるし。
 

しかし今回、この大阪の食文化が、ともすれば肥満につながるから、
食べ方を改めましょう、というお話が、大阪府健康医療部から出されたようです。
 

「太るかもしれないな、健康に悪いかもしれないなと思いながらも、相当の頻度で炭水化物の重ね食べをされている。体に対する気遣いを少ししていただいたらと思います」
 

とのこと。
 

じゃ、2回に一回くらいは、お好み焼きを主食としてたべようかな、とTさんは言いました。
 

余談ですが。そもそも「大阪人」っていうくくりは何だ?

このニュースの中で、「大阪人は」ってさらっと使われていたのですが。
 

兵庫人っていいませんよね。
兵庫県民、なら言う気がするんですが。
 

「大阪人」って、なんで1つの主として確立してしまってるんでしょう?
 

とTさんに聞いたら、こんなページを教えてくれました。笑えます。

   ↓↓↓↓↓

大阪人という種が良くわかるページ
 

なるほど。
 

余談でした。

 - ニュース&トレンド