EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

驚異のスパートを見せた坂井聖人、21歳。早大も大盛り上がり!

   

リオオリンピックの競泳、200メートルバタフライで見事銀メダルを取った、坂井聖人選手。驚異的なラストスパートで、あわやフェルプスをとらえるかと思われた勢いでした。この坂井選手、実はまだ21歳、早大生です。この先、まだまだ楽しみな選手です!!

とりあえず、早大生・坂井選手のラストスパートを見てみよう


 

とりあえず、坂井選手、銀メダルおめでとうございます
 

バタフライは見ていて、とってもダイナミックで楽しいと毎回思うのですが、今回は楽しいだけでなく、かなり盛り上がってみることができました。
 

もちろん、早大も大盛り上がり!
 


 

今回の、この坂井選手。
 

何がすごいって、そのタイムです。
金メダルをとった、あのフェルプスと、わずか100分の4秒差での銀メダル。
 

レースをみていると、「あと5mあれば、金メダルじゃないの?!」という、
驚異のラストスパートでした。
 

最後の折り返しでは6番手くらいだったと思うのですが、あれよあれよと他の選手達を抜き去って、え?!え??!!っと思っているうちに、フェルプスとほぼ並んでゴール!
最後の差は、本当に「タッチ」での差だったのではないでしょうか。
 

こうやってメダルを取ったりすると、すぐにネット上では
「彼女は?!家族は?!」となるようですが(笑)、ここではそこんとこはちょこっと置いといて・・・、
 

レース後のインタビューなんかでは、とっても目が輝いていて、素敵でしたね。
そりゃ、こういった女子が出てくるのもわかります。 
       ↓↓↓↓


 

水泳選手にしては、意外に・・・はんなり系というか、
マイルドなジャニーズ系というか、
ソフトな感じで私も好きであります、ハイ。
 

ということで、最低限リサーチしてみました。

氏名: 坂井聖人(さかい まさと)

生年月日: 1995年6月6日(21歳) 現役大学生(早大)

身長・体重: 182cm・75kg

血液型: O型

出身地: 福岡

早大生なんですね。
 

大学に行きながら、オリンピック。ちょっといいですね。
そして競泳のいいところは、この辺だと思うのです。
 

大学の水泳部自体が、オリンピック強化選手の練習場所みたいになっているところもあるのかもしれませんが、それにしてもスポーツと学業を両立できる環境にあるということが、競泳界のいいところだと思います。見ていて応援したくなる効果倍増です。
 

学生時代って、とっても貴重なもの。
高校生までとは比べ物にならないくらい、突然世界が開けることもあるし、社会との接点も一気に増え、感受性も豊かな若い時期に、人間的にも最も成長できるときなのです。
 

世界で勝っていける選手は、メンタルが強い。
そしてその強さを生んでくれるのは、間違いなくさまざまな経験とトレーニングなのです。
試合の経験だけでなく、さまざまな分野の経験がきっと役に立つ。
 

もちろん勉学も必要です。
世界へ出ようと思っているなら、なおさら日本や世界のことをしっかりと知っておく必要があるでしょうし、たとえば運動力学や運動生理学などを学ぶことができれば、競泳においても直接的な力となりえるでしょう。
 

頑張れ、早大生・坂井選手!

今後の活躍も大注目してみていきたいと思います!!

 

 - ニュース&トレンド