EVERYDAY交響曲

働く主婦。仕事、家事、子育て、趣味…全部から交響曲を奏でます!

【長良川鵜飼い】写真と感想。幻想的で素晴らしい!

      2016/08/14

長良川の鵜飼いは、国指定の重要無形文化財です。鵜飼い見物での写真撮影に挑戦!Nikon D300です。初心者らしく貪欲に撮影!

ISO 3200 f値5.0 露出0.3 1/80秒
 

3200が限界でした。。
ホワイトバランスを少しいじって、もう少し青っぽくとってみても面白かったかも・・・。
 

さて日が落ちたころ、不意に始まった鵜飼い。鵜匠たちはどんどん鵜を川に放り投げ(本当に放り投げています)、よくもあんなに鵜の縄をもって絡まないなぁと思うくらい、うまくさばいていきます。
 

鵜はもぐり、鮎を鵜呑みしたり、舟に吐き出したりしてよく働きます。暗い中、黒い鵜たちがかがり火に照らされてとっても印象的です。
屋形船のお客さんたちは、大人も子供も船縁にかぶりついて大喜びで見ています。
 

鵜飼いの終盤、全部の舟が集まって横に並び、鮎を浅瀬に追い込みます。 


 

とっても幻想的・・・。
 

夏のイベントは花火もある長良川ですが、私個人的には、この鵜飼いの終わり方、とても好きです。大きなクライマックスを迎えてどーん!と終わる花火ではなく、少し余韻を残して船が帰っていく姿に、日本的情緒を強く感じます。
 

芭蕉も、こうよんでいます。
 

「おもうしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」

鵜飼い見物の感想とおすすめ理由

鵜飼いって、ただ鵜が鮎を捕まえるってだけ?って思っていませんか?まぁ、ぶっちゃけそうなのかもしれませんが(笑)。でもぜひ、実際に見てみていただきたいな、と思います。その理由は・・・。
 

①大人も子供も男も女も楽しめる。

②屋形船での食事も結構楽しい。

③明らかに非日常感が味わえる。ココロの癒しに。

④温泉もあり楽しめる。たまった疲労に。

⑤ついでに郡上八幡などの観光地も行ける。食品サンプル、楽しいです。
 

母と二人、とても癒された旅になりました。
 

共稼ぎで家事・育児に追われる毎日から遠く離れることができ、心身ともにリラックスできました。
 
また、鵜飼いエリア徒歩圏内に織田信長の岐阜城、リス園、長良川うかいミュージアムもあり、またホテル周りを散歩していると、宮崎アニメにでてきそうなとっても可愛らしい日本的な街並みや、突然現れる一面シロツメクサの公園や、川沿いの小道の散歩を1時間~3時間程度で楽しむことができます。
 

大切な人と、ゆっくり時間を過ごす時間を持ちたい人には、ほんとにおすすめの観光地。是非、行ってみてほしいと思います。

 

 - 旅・観光